女の子

楽しいマタニティライフ|下着はお肌に優しいコットンを選ぼう 

体型変化に対応した服

ベビー

妊娠中は、お腹や胸が大きくなりますが、今まで着ていた服が入らず落ち込むこともあるでしょう。体重や皮膚の伸びは、出産後に自然と戻ることが多いので、妊娠中はマタニティウェアで過ごすようにしましょう。通常の衣類とマタニティウェアの違いは、さほどありませんが、体型に合わせてサイズ調整が行なえるので、妊娠初期から中期、それ以降も細かい調整を行ない着ることができます。通常の衣類なら、サイズが変わるたびに新調する必要がありますが、マタニティウェアなら1着を長く着ることができます。

サイズ調整が行なえるマタニティウェアは、ひもやゴムを使い収縮性を調整していることが多いです。試着が難しい場合は、収縮性を確認してから購入するようにしましょう。妊娠中は簡単に着用できるデザインのマタニティウェアがオススメです。お腹が大きくなると、足元が見えなくなることもありますし、かがんだり座ったり当たり前に思える行動も億劫になってしまうので、体に負荷をかけない方が良いのです。ワンピースやオールインワンタイプのデザインなら、1枚でサラリと着用してもおしゃれですし、体型の変化もうまくカバーしてくれるアイテムとなっています。

デザインやカラーも、マタニティウェアを選ぶ際に重要なポイントになりますが、刺激の少ない肌に優しい素材で作られているか確認することも大事です。可能であれば、オーガニックコットンを使用した通気性の良い素材がオススメです。保温性を高めるなら、フリースやトレーナーもオススメです。